セイタカアワダチソウで草木染めしました。

草木染め、という響きが好きです。
植物によって引き出される色以上に、
当たり前に周囲にいる植物の力を借りること、使わせてもらった植物と繋がりが生まれ、親密さを感じること、
そういうことに草木染めの価値を感じます。

大事だということを直接関わることで伝えること、今回で言うと染料として使う植物を、最初から最後まで丁寧に扱うことによって、双方向の繋がりが生まれて育っていくのではないかと思います。

初めての草木染めは、思った以上に簡単に綺麗に染まってくれました。
タンパク質を固定させるために豆乳と水い1:1につけるとより染まるとのことなので、次回試してみたいです。
今回は雑草として悪名高い「セイタカアワダチソウ」を使いました。
日の当たる場所ならどこにでもいる、帰化植物として嫌われている植物です。

そんな彼は実は薬草や染料として役に立ってくれるし、染料としてに出された液の香りがヨモギのようなとてもいい香りで、頼り甲斐のある力強い友人だということに、染料として関わることで知ることができました。

ミョウバンで染めたので色は明るい黄緑で、茎や葉を使ったのに花のような色になってくれました。

材料
麻のシャツ 1枚
セイタカアワダチソウ 500gくらい
ミョウバン(焼きミョウバンを使ってみました。)
道具
ザル

バケツ

その辺に生えているセイタカアワダチソウを切って洗って煮ます。
IMG_2204

20分くらいでこうなりました。
IMG_2206
液だけ漉して温めます。
IMG_2209
20分くらい弱火で煮ます。落し蓋などで浮かないように。
IMG_2210

ミョウバンを10gくらいとかしたお湯に、染料液から出して少し絞ったシャツを入れます。
気泡がたまらないようにpush。
IMG_2212

二回工程を繰り返して出来上がり!
IMG_2213

写真では伝わりづらいのですが、染料液にシャツを付けている色が一番近いと思います。

About the author: taishi yoshida